睡眠薬とアルコール

「睡眠薬の副作用 市販と処方」について

睡眠薬の副作用や効果、不眠症の原因やストレスとの関係についての情報を公開しています。
また、当サイトでは、薬を使わないで不眠症を治す方法も紹介しています。

睡眠薬の種類 自分に合った薬を選ぶ

睡眠薬

どうしても眠れない夜が続く時には、安眠を得るために睡眠薬を使用することも考えてみてもいいかも知れません。

 

薬局で手に入りやすい市販のものから、医師の処方でしか手に入らないものまであります。市販されている睡眠薬と医師の処方が必要な睡眠薬、どんな種類があるのでしょうか?

 

 

一般的に市販されている種類の睡眠薬は、一時的な不眠症を想定しているので、長期的な不眠症で困っているという場合には効果が期待できない場合もあります。有名なお薬で、ドリエルなどがあります。

 

一方、医師の処方が必要な睡眠薬は市販薬に比べて効果も高めです。代表的な処方薬はレンドルミン、マイスリー等があります。しかし、効果が高い分、服用方法と量を守らないと副作用が強く出てしまう場合もあるということです。やみくもに市販品に頼らずに、医師に相談する方がいいでしょう。


睡眠薬を使わずに不眠を克服するには?

睡眠薬を長期服用していると薬代もばかにならず、副作用も心配です。
当サイトでは、薬に頼らずに不眠症を改善する方法を紹介しています。

 

睡眠薬 薬を使わない不眠症の解消法はこちら

睡眠サプリメントのメラトニンとは?

眠れない、寝つきが悪いという人は、睡眠導入剤や睡眠薬を飲んだりしますが、メラトニンというサプリメントがあるのを知っていますか?このメラトニンは、日本では認可されていないためドラッグストア等では、売っていません。アメリカでは、普通にドラッグストアやサプリメントのショップで販売されています。日本でメラトニンを入手するためには、個人輸入という方法があります。インターネットで、メラトニン通販と検索すれば、個人輸入代行のサイトが出てくると思います。メラトニンのメリットは、お薬でないので副作用がほとんどないという点です。日本で買える市販の薬ですとドリエルが有名ですね。しかし、お薬なので副作用もありますし、値段が高いです。メラトニンは、1か月分で千円程度です。薬に比べると実に経済的です。そして、メラトニンのデメリットとしては、薬ほどの強い作用は期待できないということです。比較的、メラトニンを服用して、効果を実感している人が多いので、お勧めしたいサプリメントです。購入者レビューなどを参考にしてください。

メイラックスの副作用とは?

メイラックスの副作用として、眠くなってしまったり、倦怠感が表れてしまい、テキパキと体を動かすのが嫌になってしまうなどと言う事があります。メイラックス錠は過敏性腸症候群などにも効果があると言われていて、様々な症状に対して用いられています。しかし、やはり精神的な不安に対して効果を表してくれるお薬ですから、リラックスを長期に渡り服用していると言う人もいるようです。長期に渡り服用する事によって体がメイラックスに慣れてしまい、あまり効果を感じられない、と言うようなケースもあるので、その場合には医師に相談して使用する薬を変えていくと良いでしょう。メイラックスのような抗不安剤と言うのは、どうしても体に耐性がついてしまいますので、定期的に薬の種類を変えていかなければなりません。メイラックスは効果の強いお薬なので、はじめに処方される事は少なく、段階的に処方される薬だと言えます。

リスパダールの副作用とは?

精神的に興奮状態が続いてしまい、中々気持ちが穏やかにならないと言った場合などに処方される薬がリスパダールになります。リスパダールの主成分はリスペリドンと言う成分になっていて、気持ちを穏やかにしてくれる作用を持っています。メンタルクリニックなどで処方される事の多い薬となっているのですが、統合失調症などのように情報伝達障害がある患者さんに処方されるケースが多いと言われています。また、この他にもうつ状態の緩和や、躁鬱の患者さんに処方される場合もあります。陽性症状にも陰性症状にも効果を発揮してくれるお薬ですから、どちらの症状に悩まされている人でも服用する事が可能です。リスパダールはある程度副作用が出やすいお薬だと言われていて、女性の場合には乳房が痛くなったり、乳汁が分泌されてしまうようなケースがあります。